2007年02月21日

スカウトの実態1(大学生スカウト)


記事を読む前にランキングに投票していただけるととっても励みになります。

私が六本木に来たての頃。

大学生スカウトにひっかかた。

スカウトというのはとってもしつこい。歩いても歩いても追いかけて話しかけてくる。

だから普段は無視を決め込んでいるのだが…

はい、正直に言います。かっこよかったです。ホストみたいで。

彼に今の店の時給を言うと

「俺だったら時給6000円はイケますよ。絶対に。まかせといてくださいよ」

と言ってやけにピカピカ光って気合の入ったロゴマークの名刺を渡し、彼は去っていった。
(名刺はホステス専用のスカウト会社のものだった)

で、カッコよかった事もあって、後日そのスカウトくんと改めて会う事に。

紙に店の名前をがーーーと書いて、説明してくれて「任せといてください、時給6000円いけますから」と、ある一件の店の面接に行くことに。
ところが店に通されると…

彼、ぜんぜん全く話しません。


私のアピールをするどころか、あいづちを打つことすらしない。

結局その店のマネージャーさんと私と二人だけで気まずく話をして連絡は後日、ということで帰りました。

(彼が発した言葉は最初の「お願いします」と「ありがとうございました」だけだったんじゃぁ…)

ぼうぜんとする私を横目に「じゃ、次は●●●(2件目の店)にいきましょうかぁ」
元気に歩き出す彼

「あ、あの、せっかくで悪いけど、また面接はまた今度にしてくれるかな…」と逃げかえった。

道でスカウトしたときの、あの自信たっぷりのハッタリはなんだったんだろ

さらに別れ際「実は、半年この仕事してるけど、まだ交渉成立した事ないんですよねぇ」と明るく言われた。

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!!なんだそれ!!
(ピヨ彦風)


所詮アルバイトスカウトか…

もしかして「かっこいい+仕事もできる」んじゃないかと淡い夢を抱いた私が馬鹿でした。

こんなことなら最初っからホストに接してるつもりでからかって、楽しんでおけばよかったよ。

↓ブログランキング参加中☆今日も応援よろしくポチッと↓
fc2ブログランキングブログ王人気ブログランキング
この記事へのコメント
スカウトマンもいろいろですね〜苦笑。。
Posted by キャバクラ求人〜スカウトポータル at 2007年07月03日 06:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34804607
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。