2007年02月21日

スカウトの実態2(がんばってるなぁ)


記事を読む前にランキングに投票していただけるととっても励みになります。

スカウトで私が一番好きな人、須藤さん(仮) 。

彼はもう腰がひくい低い

たまたま道で出会って「友達と●●で待ち合わせしてるんだ」と言えばそこまで送ってくれるし、
店が終わって暇してると電話すれば飲みに誘ってくれるし…

もうすぐ店をうつる気があれば、こういう人は徹底的に使ってやるんだけど(「私で金稼ぐんでしょ」っていう気持ちがあるから)

当時は店をうつるつもりなんか全くなかった私はここまでされるとなんだか申し訳なかった。

そうこうしてるある日、ばったり須藤さんと道で会って、いつもどおり暇してる私を飲みに誘ってくれた。

飲みながら、私は言った

「私は須藤さんに何も貢献できないのに、こんなに色々なことをしてもらって申し訳ない」

すると「何いってんの。これも俺の仕事のうちなんだよ」と彼は言った。

人間はつながりがすべてだ。

今日、きららちゃんと話をして、そのことがどんな人間関係につながっていくかわからない。

だから俺はどんな人とでも話をして関係を作っていくんだ。
ビールを飲みながら、ウンウンとうなずく私。
これは昼間の仕事にも夜の仕事にも、どんな仕事にも言える話だ。

どんどん年をとるにつれ、私もとっても実感する話だった。

若さを失うことと引き換えに人が得るもの。

それは人間関係と経験でしかない。 おじ様がどうして偉いのかと言うと、経験と人脈を持っているから。

それが信用につながるお金や物を失って、それでも人間関係がのこれば、また色んな事ができる。それが財産だ。

ホステスの価値もいかに「お客様」をもっているかによる。 私も頑張ろう。

↓ブログランキング参加中☆今日も応援よろしくポチッと↓
fc2ブログランキングブログ王人気ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

起床が、夕方の日は・・
Excerpt: ・・そんな日は、一日 だめにしちゃった気分。 とりあえず、ブランチディナー(朝・昼・夕食をいっぺんに^^;) を急いで作って食べて、 「予約した本が届きました」の、図書館からのメールを見..
Weblog: 東京〜沖縄 移住diary
Tracked: 2007-03-14 05:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。